台東区の地域生活支援

私たちこらーるたいとうは、3年間に渡って地域生活支援センターを委託してほしいと台東区に要望してまいりました。それは、当事者同士のピアサポートで生活を応援しようというものです。しかし、その要望は取り上げられることなく、また区議会に陳情して立ち上がることとなった協議会を利用され、専門家によるNPO法人に委託されようとしています。

私たちはこれを、はなはだしい当事者差別であると理解し、断固反対しています。医療関節保護法案だけでなく、地域においても、医療・福祉の支配下にあります。

こらーるたいとうをご支援くださる方はどうぞご連絡ください。

 

 

以下に地域生活支援センターをめぐる経過報告を記します。

2000年3月

台東区台東保健所にこらーるたいとうを地域生活支援センターとして認めて欲しいという要望書を提出する。

 

2000年9月1日

飯村恵一台東区前区長あてにこらーるたいとうを地域生活支援センターとして認めて欲しい、地域生活支援センターを作るための当事者主体の実行委員会を作ってほしいという要望書を台東区台東保健所保健サービス課全課長である笹井氏に手渡す

 

2000年8月30日

飯村恵一台東区全区長に要望書提出

 

2000年10月13日

台東区台東保健所要望書を提出するが、保険サービス課課長より「地域生活支援センターに関する要望書の提出は、台東区ではなく東京都に持っていくものだと指導される(しかし、東京都には台東区への提出だといわれる)

 

2001年夏

再度、要望書を台東区台東保健所に提出する

 

2001年11月21日

台東区議会に対し、地域生活支援センターをつくるために当事者主体とした実行委員会を作って欲しいと陳情

 

2001年12月7日

台東区議会にて先の陳情が継続審議となる

 

2002年1月

台東区保健所長、保険サービス課課長、事務職員に呼び出され、「悪いようにはしないから、陳情を取り下げなさい」といわれる

 

2002年3月1日

台東区議会に内容を改めて、地域生活支援センターを作るために本人、家族、市民いろいろな立場の人々が参加し、話し合うような精神保険委連絡協議会を設置するよう陳情

 

2002年3月25日

本会議にて、先の陳情が採択となる。

 

2002年3月末

台東区台東保健所が協議会の準備会を行う。その際、「協議会は必ず6月までに開催するからもう陳情などするな」といわれる

 

2002年5月

台東区台東保健所に協議会の立ち上げはいつになるのか問い合わせると、「職員の移動があったので5月は無理。6月と言ったのだから、まだ時間はあるだろう」といわれる

 

2002年8月

再度保健所に問い合わせ。「必ず公平な立場に立つ人を会長にするから安心してください。S氏に根回ししないといけないので、もう少し待っていてください」といわれる

 

2002年11月

協議会発足。協議会の会長に都立精神保健福祉センターの所長、地域生活支援部会長に、台東区台東保健所の嘱託医であるS氏が着任

 

2002年12月

第一回地域生活支援部会が開かれる。部会終了後、加藤がS氏、部会長に30分間に渡って「これだけ面倒見たのに、台東区のことを行ってこなかった、保健婦も見捨てている、もう助けてあげられない」「こらーるたいとうは全国、東京を行っていればよい」「こらーるたいとうは障害者運動の組織だ」「こらーるたいとうの本は利用者も何が書いてあるかわからないといっている」「私は台東区民だけでやりたいのだ、こらーるたいとうは台東区以外のもいるではないか」等言葉の暴力を浴びせる

 

2003年2月

第二回地域生活支援部会開催

 

2003年3月6日

第三回地域生活支援部会開催。運営主体をどこにするか話し合われる。

特定非営利活動法人台東メンタルコミュニティが、次回までに区に出す要望書のためにシュミレーションをつくってくることとなる

 

2003年3月19日

こらーるたいとうも運営主体となれるよう要望書を提出したいと、台東区台東保健所保健サービス課課長に申し出る。課長は「私たちは事務局に過ぎないので、他の事務局の者や地域生活支援部会長と相談する」との返答

 

2003年4月10日

台東区台東保健所へ返事がないので問い合わせると「どうぞお出しください」といわれる

 

2003年5月5日

要望書完成

 

2003年5月7日

台東区台東保健所に要望書提出

 

2003年5月8日

第四回地域生活支援部会開催。しかし、要望書は配られず、冒頭に保健サービス課課長より「行政で2分割はありえないので、事務局で要望書は却下いたします。口頭ではありますがこれがご返事です」と発表される。「せっかく作った要望書なのですから読ませてください」と述べると部会長より「いまさらこんなものが出てきたら今までの会議の積み重ねが台無しになってしまうから駄目だ」といわれる

 

2003年5月26日

台東区長吉住氏へ直接要望書を手渡す

 

2003年7月3日

第五回地域生活支援部会開催。部会としては協議会へ台東メンタルコミュニティを推薦。こらーるたいとうも立候補していると報告するとして前回の予告どおり地域生活支援部会は終了。